SC200
14/48

自動糸調子このミシンは、上糸調子を模様に合わせて自動設定値に調節しますので、模様によって数値が異なります。上糸調子を変えてぬいたいときは、●直線ぬい以外の自動設定値直線ぬい以外の自動設定値は、直線ぬいのときより上糸調子をやや弱めにして、上糸が布の裏側に少し出るように調節されます。(模様30は、下糸が表に出るように設定されています。25ページ参照)●こんな場合は…図のように布地の上側は普通にぬえて、下側がタオル地のようになるときは、上糸の通し方(とくに、上糸調節装置への)が違っています。16ページをご覧の上、正しくかけてください。また、糸調子が自動設定値になっているのに、下糸が布地の表側に出てくるときは、ボビンのセットの仕方がちがっています。15ページをごらんの上、正しくセットしてください。(模様30を除く)自動糸調子 13糸調子ボタンを押します。糸調子の状態が数値と目盛りで表示されます。(糸調子調節画面)右図のように機能ボタンで糸調子を変えます。自動設定値(オート)上糸と下糸が布地のほぼ中央でまじわります。(直線ぬい)上糸が弱いぬい目(-)布地の裏側に上糸が出てきます。(最小値:0)上糸が強いぬい目(+)布地の表側に下糸が出てきます。(最大値:20)●自動設定値は、白黒反転して表示されます。●糸調子調節画面のままでもぬいをスタートさせることができます。●もう一度糸調子ボタンを押すと模様案内画面に戻ります。(変えた糸調子は、記憶されています。)●模様を選び直すと糸調子は、自動設定値に戻ります。弱くなる強くなる自動設定値に戻る数値目盛り

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です