SC131DX
22/44

■段ぬい布地が重なって、急に厚くなった部分をぬうときは、手で布の送りを助けながらぬいます。■下糸を長くとってぬい始めたいとき下糸を長くとってぬい始めたいときは、次のようにして下糸を引き上げておきます。押えを上げ、上糸をかるく持ちながら、針上下ボタンを2回続けて押します。はずみ車が手前に1回転します。13ページの「ボビンのセット」を見ながらボビンを入れ、糸をみぞに通します。このとき、糸は切らないでください。■糸切りボタンを使わないとき番手が30番以下の太い糸や、ナイロン糸など特殊な糸を使っているとき、ぬいはしの糸を長くとりたいときなどは、糸切りボタンを使わずに、針と押えを上げて布を引き出し、ミシン左側の糸切りに糸を後ろから手前にかけて切ります。ぬってみましょう 21上糸を静かに引くと、下糸が輪になって出てきます。上糸と下糸をそろえて押えの下から10cmくらい後ろへ出しておきます。ボビンカバーを取り付けます。(13ページ参照)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です